--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

06.13

死んじゃったら、ダメなの!

本当は当日にエントリーしようと思っていたけど
結局できなかった。

すこ~し日にちがたったので、やっぱり書いておこうと思う。

10日(土)に追悼ミサに出席した。
それは、会社(もう退社してるが)の同期の子。

もう入社してから、かなりの年月がたっているので、
同期の子もほとんど結婚をしていて、女の子は退社した人が
ほとんどである。
しかしその子は男性なので、バリバリ音がするほど働いていた。

結婚して年月が経っているが、来月7月には待望の第一子が
生まれる予定なのだ。

・・・・長くなるので興味のある人だけ 
うちの同期は全国では60人くらいだったかな。
そして入社前に海外研修があり、それは海外支店の見学&
親睦旅行みたいなもんだった。
まだ学生気分の私たちは3つのグループに分けられて、
出発日も若干異なっていた。

私はその彼と同じグループだった。
入社後の配属も、その彼と2人同じ部署だった。

研修などもあったせいか、同期みんながやけに仲がよくて、
みんなで旅行に行ったり、飲みに行ったり、朝までディスコ(古ッ)
に行ったりよくしていた。

その彼と最後に会ったのは、彼が海外へ3度目の赴任をする
2001年のこと。
私はまだナットウ坊やがお腹の中にいて、ふんぞり返って
歩きながら、お昼を一緒に食べた。元気でねと。

その後の再会はこの間の10日だ。
彼の訃報を聞いたのは3月のことだった。
その赴任先のオランダで倒れたということだった。
奥さんが日本に一時帰国している間のことだった。

むこうで荼毘に付したものの、奥さんは身重の体で現地の片付けや
雑務をこなし、帰国したのば2ヵ月後の5月のこと。

彼は人望の厚い人だった。
上からも下からも慕われていて、かなり頭脳明晰で人当たりがよい。
悪く言う人がいないほどだ。

追悼ミサでは先輩も後輩も、同期も大泣きだった。
男性が公の場でこんなに泣いてるのを初めて見たほどだった。

私も相当泣いたけど、なんだろうね。
急にこう、ギュッとスイッチが入って涙が止まらなくなるんだよね。

それでも奥さんの悲しみには到底届かない。
もうすぐ子供が生まれるというのに・・・・

彼は出張のときに奥さんが寂しくないように花束を買ってきて、
家に飾っていたそうである。
今度は自分がいなくても寂しくないように、子供を
授けていったのか・・・
(外見からは想像できないが・・・)

やっぱり死んでは、だめなんです!!

生きてこそ! なんです。

私は、心底反省しました。
ここ数ヶ月の、脳内嵐菌感染状態に。
旦那が病に倒れてしまったり、空の上に行ってしまっては
大変なのです。

健康第一。 死んではダメッ!!

母は、もっとだめです。子供が悲しみます。

まだ若くして天に召されてしまった同期の彼はもう、地上での
役割は終わったって事なのかな・・・
働きすぎだったから、少しはのんびりと好きな音楽を聴いて
わけのわからない踊りを踊って暮らしていて欲しいです。
(よく昔やってたように・・・)


くら~いお話になってしまいましたが、
もし読んでくれた人がいたら感謝カンゲキ雨嵐ってことで。
お疲れ様でした。



雄叫び(日記)
トラックバック(0)  コメント(9) 

Next |  Back

comments

Megさん>ミセス嵐同盟のあやと申します。
初めまして!
最後まで読ませていただきました。
暗くはなりますが、とっても大切なことだと思います。
死んではダメなんです。って事。特に母親は。
お友達の奥様はこれから生まれてくるお子様と共にに大変だと思いますが強く生きてください。
私も「脳内嵐筋感染状態」ですが、家族が元気でいてくれるからそんな状態も続けられるのです。
感謝しなければいけませんね。反省です。

初めましてなのに長々書いてしまい失礼しました。

また遊びに来ますね~

あや:2006/06/13(火) 16:45:07 | URL | [編集]

人の死を受け止めるのは辛いものですね。

今まで体を壊すたびに、自分が、家族が健康でさえあれば他に何も望まないと健康に感謝してたはずなのに、元気でいると忘れてしまいがちです・・
自分の時間は寝ないでつくればいいや、とつい不摂生をしがちの(特にここ数ヶ月は)毎日ですが、やっぱり母としての自覚をもたなくては。その上で笑顔で楽しくいようと思います。




rin:2006/06/13(火) 18:18:21 | URL | [編集]

あやさん♪
  はじめまして。
  はじめて来て頂いたのに、
  アラシゴトでなくてごめんなさいね。
  でも書いておきたくて。
  次回は是非なぜ嵐菌が蔓延するのか
  などをお話しましょ!

rinさん♪
  長~くて、くら~い話を読んでくれて
  ありがとう。
  ほんとに最近の私も寝不足続きで、
  奴ら5人でも寝不足になるのに
  こんなブログもはじめたからね。
  体調管理して、コン参戦しようね!
  

Meg:2006/06/13(火) 18:30:55 | URL | [編集]

同期の方…辛いですね。

う~ん。
私は父親を病気でね。今のニノ&潤くんの歳くらいかな。思い出があるし、愛情ももらってたし。それでも辛かったです。それと、ただ娘にあわせたかった。

素敵なご夫婦ですね。お友達の奥様もお辛いでしょうけど、子供はいろんなことを教えてくれるし、力をくれる。
私が言うのも何ですが、前向きに生きてほしいです。

Megさんも元気出してください。

脳内感染。はい。旦那様に感謝。
健康あっての楽しみです。

まりん:2006/06/13(火) 22:32:24 | URL | [編集]

まりんさん♪
  ありがとう。
  身近な人を亡くすのってつらいよね。
  それが身内ならなおさら・・・
  ほんと前向きに、だよね。
  みんな体調に気をつけて、コン参戦
  目指そうぞ!
  あ、本日完了したよv-221

Meg:2006/06/13(火) 23:10:53 | URL | [編集]

Megさん
ミセス嵐同盟から飛んできました、のりです。
お辛いですね。
もちろん一番辛いのは、ご家族でしょうが。。
皆さんの流されたたくさんの涙が
ご家族やお友達の心を少しでも軽くして
くれればと祈るばかりです。
私も、自分自身の健康管理の甘さを改めて反省しました。
子供のためにも、まだ死ねません!!ねっ
また、立ち寄らせていただきます。
これからもよろしくお願いします。

のり:2006/06/14(水) 11:42:14 | URL | [編集]

のりさん♪
  ほんとに健康第一。
  家族のためにも、そして嵐を応援する
  ためにも・・・ですね。
  また遊びにきてねぇ~

Meg:2006/06/14(水) 11:59:08 | URL | [編集]

Megさん、最後まで読ませてもらいました。
社会の同期で仲間の方という事でMegさんもかなり辛かったですよね。。
私も毎日嵐!嵐!な日々ですが、家族が元気だからこそ好きな事が出来るんだし本当に旦那や家族には感謝です。改めて健康の大事さに気付かせてもらいました。
私も会社の同期の男の子が突然亡くなり葬儀に出席させてもらいましたが会場に着くまで信じられず、顔を見せてもらった後はただただ涙、涙で何も考えられませんでした。彼の奥さんも小さい子供さんをかかえて泣き崩れていましたが見てられなかった・・・。生きる事の大事さを思い知った1日でした。
長々とすいません。

なほ:2006/06/14(水) 19:56:00 | URL | [編集]

なほさん♪
  長い話を読んでくれてありがとう。
  本当に身近な人の死はつらいね。
  私は争議がオランダであったので、
  というか荼毘に付さないと日本に帰って
  こられなかったので、最後の顔も拝めず、  なんだか未だに信じられない思いです。   どうか、家族や自分の健康を第一に。
  でもって、脳内は嵐菌充満ってことで。
  (^_^!!)

Meg:2006/06/14(水) 21:01:02 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。