FC2ブログ

    2008

07.07

花男の世界 と 現実の世界

どうやら、ほんとに、全く、困ったことに
花男の世界に毒されてしまったようで・・・・

いえね、
あの道明寺とつくしちゃんの幸せそうな顔を
見ると、ほっこりすると同時に今回ばかりは
現実の世界で生きる自分を振り返ってしまったり
するわけで。

今までの花男では全くなかった感情なのですが、
なんでかしばし考えたところ・・・・
そう、
今回のあの2人はこっち側ってことなのさ。

こっち側って・・・・・主婦側ってことね。

結婚がテーマっつーことでね、
思いもよらず、
自分を振り返ることになった、自分に驚き。

今までの花男は恋愛ってことで、
主婦的にはすっかり過ぎ去った過去・・・・みたいな。
ほのぼのと客観視しており。

だってさ、
道明寺みたいに、一途に愛し信じ続ける男なんて
なかなかいないよね。
おまけにカッコよくて金持ち。(おい)
少々破天荒でも、そこがまた良し。

えぇ、
つくしちゃんのように、家族を大事にし、素直で
且つ、真っ直ぐだからなんだけど。

でね、
何が言いたいかっていうと、
やっぱり1番スキで好きでっていう人と結婚すべきだな、と。

ワタクシ、
若い頃は、絶対に1番の人とは結婚は無理と思っていた次第で。
だって、一緒に住むことが無理だしょ。(え)
1番の人の前じゃ、緊張しちゃうもんね。
えぇ、
見かけによりませんが(笑)

と言う持論だったんですけどね、
今回はやっぱり1番の人と結婚すべきと思い直しまして。

そしたら、
すっかりなんだか、自分が間違った選択をしたような気になってしまい。
はい、
旦那に失礼ですね。

でもね・・・・

なんだか、なんだか・・・・・・
満たされていない感が充満してしまい・・・・
心の中がワヤワヤして、くら~~~~い気持ちになるわけよ。

えぇ、
単なるわがまま女だす。(←そのとおり)

元に戻せないから余計にね・・・・はけ口がね・・・・・(おい)

ちなみに、
旦那の名誉のために言っておきますが、
決して彼は、悪くないです。
むしろとても良い人です。
そして、優しい人でもあると思います。
・・・・・・カッコよくはないですが(コラ)

これはさ、
潤クンに対する行き場のない感情が
そうさせているのかもしれない気がしなくもなくもない・・・・
と、思うけど・・・・・
なんせ、
どの番組及び舞台挨拶などからも招待状が
届きゃ~~しないもんでね(苦笑)

に、しても
なんだかなぁ~~~~~的感情が
治まる気配はなく・・・・
どうするべ?

しばらくは、
この気持ちを引きずりつつ、もう一回花男観に行くしかないな。(そこ?)
そして、また、
ガッカリしてしまったりするのかな・・・・・

しかし・・・・・・・重症だな( ̄ ̄〃)ニヤリ

てなわけで、
ちょっと聞いてみたくなっちゃった。

ココまで読んじゃったあなた、
そう、
そこのあなたよ!

もれなく下の質問に投票しておくんなまし。
んふふ。

これはね~、
ママ友や友達との飲み会なんかで、
よく話題になるんだよね~。

きっと一度くらい、話したことあるっしょ!?

次の記事書くまで、
投票受け付けてますので、ヨロシクちゃんです。





ちなみに、
わたくしは・・・・・・
* 絶対別の人 *


おほほほほ。

雄叫び(日記)
トラックバック(0)  コメント(7) 

Next |  Back

comments

Megさん!おはよう!!

昨日はお疲れちゃんでした!!
ダメだったねぇーーv-406
さ、切り替え切り替え!!

さて、Megさんのあまりの潤患いに、私も毒されそう…。
そんな事まで思うに至るとは…!?
確かに、映画を観てしばらく経って思う事は、司とつくしの姿は正に理想の結婚の形なんだなぁと!
酸いも甘いも経験済み(ホントか??)の子供まで産んじゃってる私には、絵空事にも見える二人だけど・・・、やっぱりいいよねv-344
次に結婚する時は必ずこの二人に近い状態で結婚したいなぁv-344

Megさんの純粋(過ぎる)潤愛がどんどん見えるようになってきた私です!!
可愛いぞ!!私も一緒に突っ走るよーーーv-221

ちー:2008/07/07(月) 06:33:52 | URL | [編集]

はじめまして。
私が花男Fをみた感想とまったく同じだったので、思わず書き込みです。
私もこの人とでなきゃ、なんて強い気持は全くなく結婚してしまったので、映画をみて、やっぱり一番好きな人と結婚することが一番幸せなんだろうな~とヘコんだくちです。
一緒にいった娘はすごく感動してました。これからだもんね。娘には一番好きな人と幸せな結婚をするんだよ、って言っておきました。私も2回目をみにいって、このモヤモヤが晴れるのかそれとももっと重症になるのか試したいと思ってます。

neo:2008/07/07(月) 07:25:27 | URL | [編集]

Megちゃん、おはよ~^^

肺腑をえぐる質問ですな~(笑)
マジで?
そおいう気持ちになったのなら
家族で花男観に行ったらやばいよぉー!
置き去りにしたくなっちゃうんじゃ?^^;

でもでも。
花男見てなくても。
『こんなはずじゃ・・・』的なコトって
いつも気持ちの底の底のほうで
水溜りのように
チャプンチャプンしてる(爆)

若かりし頃
今のだんなとも
恋愛真っ只中の時があったんだろうに
今となっちゃ
『同士』みたいな・・・
家族愛?なんだよね。

確かに、お互いがお互いのことだけを
一途に想ってる話を集中して観たら
(しかも潤くんときてるもの^^;)
今のこの身動きならない自分の現状から
とんずらしたくなるだろーなぁ~

でもさ。
今さら恋をするって
現実にはもう許されないわけじゃない?
だからなおさら
報われないと知りつつも(笑)
嵐さんに気持ちがいっちゃうんだろうな。
ある意味けなげだよね・・

多分、『無いものねだり』なんだろうけどね~

でも絶対に。
声を大にして言いたいっす。
スウ~~~

次に結婚するならば
『違う人』・・・^^^^
っていうか。
翔くんと結婚したい(笑)

まりゆ:2008/07/07(月) 10:02:20 | URL | [編集]

megちゃ~ん♪なんかわかるなあ。
なんか映画見てて私もそう思ったもん。
しかも切ないくらい潤君が
好きで好きでつらいよ~~。
コンサート終わったときになかった
この感情がこの映画を見た後に溢れてきて・・・
でもね。私の場合は映画見た後に
いいなあ 一番好きな人と結婚すれば
良かった~って思ったけど
現実は毎日のことだし、私みたいな
わがままいいまくりの女のこと
許してくれるのは旦那しかいないなあと
思ったり(笑)

それよりそれより潤君がかっこよすぎて
映画中 泣いてしまったよ~。
私は潤君と結婚したい(笑)

ひな:2008/07/07(月) 13:18:12 | URL | [編集]

ちーちゃん♪

実はかなり愛してることにお気づき頂いたかしら(笑)
口で言うより、盲目的に愛してます。
あきれずに、これからも一緒に進もうねっ!!!!
んふふ。

----------------
neoさん♪

はじめまして。
ようこそ妄想劇場へ(笑)
同じような感想を持たれたんですね。
なんか、とっても安心しました。
ホントに、失礼な話だと思いつつも、
この思いはもう消えないかもしれません。
困った母です。

よろしかったら、またいつでも遊びに来てくださいませ。

-------------------
まりゆちゃん♪

確かに、同士・・・・家族愛だよね。
もう男女の愛じゃないんだよね。
その女の部分を全て、嵐に向けちゃってるんだな~
そう、体がちゃんと反応するんだよね・・・・
ナニがって、私、大きな声じゃ言えませんが、
嵐コン行くと95%の確立で、予定日でもないのにアレになります。
スゴイでしょ。
ビックリでしょ。

体は正直だ。

----------------
ひなちゃん♪

私もなの!
今回コンサート後より、この映画後の方が来ちゃったよ。
潤sick・・・・

嵐友ちゃんのにの担と潤担と3人で観に行ったんだけど、
私も映画の冒頭から泣けて泣けてね、
嵐友ちゃんに「泣きすぎっ!」「まだ早いッ!」って突っ込まれたよ(笑)

大画面に潤クン映ると(しかもカッコイイ)
涙出ちゃうよね、カッコよくて。
同じだよ~~~~

Meg:2008/07/08(火) 11:24:14 | URL | [編集]

Megちゃん・・
大丈夫なわけないよね。

ほんとにね、
ずっと花男の世界に居続けたい!!
あんな風にに愛されたい!!

あれからなかなかリアルに戻ってこれなくて
悩ましいよ・・・

私は別にすごく好きな人もいたりするからさ、
大分緩和されてるだろうけど
あんな風にその人に目の前に居られたら
たまらないよね・・・

まあいつも涙腺が弱いわけだけど、
このブログ読んでるだけで
ぼろぼろ泣けてくるわけで・・・

恋してるんだよね
もうまっしぐらだもんね

でも受け止めてもらえないから(涙)、
切なくてグラグラする。

自分がどこに居るのかわからなくて
もう泣きながら笑うしかないって感じだよ!
はっはっは

質問には・・答えられないな(笑)



rin:2008/07/08(火) 23:22:39 | URL | [編集]

rinちゃん♪

ははは・・・・
すっかりレスが遅くなりまして。
その間に色々ありすぎて、
それどころじゃなくなってたり・・・・

う~~~ん

Meg:2008/07/30(水) 19:56:39 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL